第149回平日ウォーク〜蔵と歴史の町、村田町を訪ねて〜

村田町は山形と仙台を結ぶ街道上の城下町。伊達藩が奨励した紅花や藍を江戸や上方に運ぶ商取引で繁栄した。今も残る蔵や豪勢な門構えで「みちのく宮城の小京都」と呼ばれている。伊達政宗の七男秀宗(後の宇和島藩祖)が城主だった村田城。商家の娘と武士の悲恋の物語を伝える「恋塚の碑」の願勝寺。 
樹齢1000年を超える巨木に藤が巻き付く姿から「奥州の蛇藤」と呼ばれる藤の木がある白鳥神社。美しい庭園のある、伊達家の菩提寺、龍島院など、見どころの多い村田町を訪ねます。
今年最後の平日ウォークの昼食はレストランで温かいランチを食べましょう。


日 時: 
令和3年12月15日(水)

集 合: 
午前9時00分 JR仙台駅中央口ステンドグラス前   

参加費: 
5,500円 YH会員5,000円 交通費(貸切バス)、昼食、保険、資料代

コース: 
歩行距離  約6km  高低差 50m
仙 台(9:15)=村田道の駅(10:20)~村田城址公園(10:45)~願勝寺(11:20)~レストラン(リッキーズ)(11:50~13:00)~白鳥神社(13:20)~龍島院(13:50)~歴史のゲート(14:10)~道の駅(14:50)=仙 台(16:20)

服装・持ち物:
寒くなく歩きやすい服装、飲み物、雨具、帽子、保険証、YH会員証、マスク

締め切り: 
12月9日(木)必着。 
締め切り日以降の取り消しはキャンセル料として2,000円を申し受けます。
また、12月13日(月)以降のキャンセルは全額頂戴します。

問い合わせ・申込先: 
申込書、電話、ショートメール、FAXにてお申し込み下さい。


主 催:宮城県ユースホステル協会
〒983₋0836 仙台市宮城野区幸町4-5-1宮城県青年会館内
電話・FAX:022-295-1482 
*只今事務局を休止しております。郵送、FAXのみの受付となります。